自作E-1用ハウジング
E-10のハウジングが完成したのもつかの間、
E-1が発売されました。

発表会でプロトタイプを確認すると、
幸運にもE-10とサイズがほとんど同じでした。

E-1用への改造開始です。

3ヶ所、E-1のサイズが大きいため、外側からアクリル版を張り付け、整形しました。かなりキビシイ修正です。 シャッター、ダイヤル周りを内側から見たところです。シャッターに接するレバーの曲線が3次元カーブになっています。 ストロボのコネクタ部分です。コネクタのプラグは純正のハウジングを潰して使っています。これでTTLダイレクト測光で撮影可能です。
台座も作り直し。ですが、ほとんどE-10用の流用です。 50mmマクロ、11~22mm、テレコンが使えるようにツマミを1つ追加しました。 上部は表示画面が良く見えるように、新たにアクリル版を貼り付けました。
シューは水没したDVCハウジングの廃材を使用し、台座はSea&Seaの既製品です。 蓋は全面的に作り直しです。が、E-10ハウジングの際、裏面のボタンはほとんど使わないことが発覚したので、水没の源となるボタンは製作しませんでした。 ちなみに、カメラにストラップを付けると、ハウジングに入らないので、金具を付けて着脱式にしています。
カメラを収めるとこんな感じです。
完成。武骨ですが、さくさく、気持ち良く撮れます。ホールディングは既製品よりも手に馴染みます。 

しかし疲れました。暫くハウジング製作は一休みします。

top
diving
housing